posi-log

Positiveなlogを

iPhoneファクトリーアンロック(シムロック解除)への道 Vol.1

      2015/08/27

シムロックiPhone
SIM FREEのiPhone。憧れますよね。
キャリアの変な縛りのせいで解約もできず、同じものを使い続けないといけない。
もし海外に行くことがあれば、現地のSIMで使うことも出来ない。
そんな制約を解消するのがファクトリーアンロックです。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除には大きく2つの方法があります。

1. ロジックボードや下駄(SIMカードを入れるアレ)を物理的に改造する。
2. サーバーをいじりにいって、大元でSIMロックを解除する。
→ファクトリーアンロックはこの2つ目です。
これのロジックややりかたはよく分かりませんが、世界中にこのサービスはあります。

ファクトリーアンロックのメリット

・IMEI等の情報をアンロック業者に送るで、後は待つだけで遠隔SIMロック解除されます。iPhone本体を送っていただく必要はありません。
・サーバ側のアンロック後、お客様側でiPhoneをインターネットに繋いだ上で再アクティベーション作業による本体のSIMロック解除が必要となりますが、ネット(Wi-Fiがベスト)があれば世界中どこにいてもSIMロック解除が可能です。
・他のロジックボード交換やベースバンドチップ交換などのSIMロック解除方法と違い、IMEI・シリアル番号は変わりません。
・iPhone内部ハードウェアの改造は必要ありません。
・脱獄(ジェイルブレイク)は必要ありません。
・SIMアダプタ(SIM下駄)等外部ハードウェアの使用は必要ありません。
・特殊なアプリケーションのインストールは必要ありません。
・アンロック後、復元やリセット、iOSのバージョンアップも可能です。
・当方でファクトリーアンロック完了通知後お客様側で再アクティベーション作業後にSIMフリーとなるため、iPhoneに保存されているお客様の大事な内部のデータが消えたり改変されることもありません。

参照:http://xiaolongchakan.com/archives/4031729.html

ん〜、イイトコだらけっぽいですね。

どんなところがサービスを行っているの?

Webからの申し込みが一般的です。まとめ記事があったのでご参照ください。中にはすでに受付していないところもあるみたいですね。

http://nan-hen.com/?p=9868

やはり外国のサービスが多いです。
日本で有名なのは小龍茶館です。ここはASCIIでも取り上げられていて、日本語の対応もしっかりしています。

小龍茶館:xiaolongchakan.com/

ASCIIの記事:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/266/266110/

その中で、私が実際に申し込んだレポを書いていきます。現在、サービスを申請中なので随時更新していきます。

乞うご期待!

 - Tech, 役立つスキル