posi-log

Positiveなlogを

本は読んだほうがいいと思うたった2つの理由

   

本は良くてマンガはダメ?

 

本

最近どう言われているのかはよくわかりませんが、

昔(と言っても10〜20年前くらい)は

マンガはダメ、文字の本を読みなさい!

とよく言われたものです。

私も高校卒業までは多分読んだ本は10冊位(笑

読書感想文も人に書いてもらった経験のある

ほぼ本を読まない系の人でした。

本を読み始めたきっかけ。

でも、大学生になってあるきっかけから本を読むようになりました。

そのきっかけは…

 

本って面白い!

 

と、ある本を読んでからでした。

 

ビジネス系の本が中心ですが(経営学部だったので)

それ以来は歴史書や小説などいろいろ読んできました。

 

本を読み始めた気付いたこと。

本だけでなく、漫画、新聞、Webの記事、最近では動画も含めて、

自分が感じた違いは、

 

表現する方法が違う。

 

ただそれだけだと思います。

だから自分は、本を読まずに

「マンガしか読まないんですよー」

という人達には、

「それでもいいんだよ」

と、話をしています。

でもマンガだけなら、

「インプットのメディアが限られているよ」

とも伝えます。

 

本は読んだほうがいいと思うたった2つの理由

自分は、

「でも、本は読んだほうがいいよ」

という話もします。

理由は2つです。

1. マンガは書ける人が限られている。

本は文字を書ける人であれば、

(厳密にはコミュニケーションを取れる人であれば)

誰でも書く(書いてもらう)ことができます。

でもマンガは違います。

世の中マンガを書ける人はそんなに多くありません。

少なくとも

「この人の考えを聞いてみたい」

という人でマンガを書ける人は皆無と言ってもいいのではないでしょうか。

2.本には歴史がある。

文字が人類で発明されて以来、

本は古今東西どこでも出版されてきました。

そのため書き手もジャンルも膨大な数になります。

その知識や知恵、声を数百円もしくは数千円で触れられるなんて、

素敵なことだと思いませんか?

この歴史の膨大情報に触れられるのは、

現時点では本だけです。

 

成功者はみんな本を読んでいる。

本を読めば成功に近いかどうかは不明ですが、

私が知る限り、成功者はみんな本を読んでいます。

 

話を戻すと、マンガを読んでいるのであれば、

内容がどうであれインプットの機会を作っているのでいいと思います。

でも、本のほうがもっと深く、もっと幅広く、

知識、知恵、表現、考えなどなど、

豊かなインプットを増やせると思います。

 

 

 - 思い, 自分ごと ,