posi-log

Positiveなlogを

パワポを使って驚くほど簡単に画像を加工する方法 Part1

      2015/08/03

インスタグラム、facebook、Twitter等など多くのSNSがある中で、

画像の加工を皆さんどうされていますか。

スマホでパシャッとってアップする分には付属の加工でいいですが、

トップ画やプロフィールの写真なんかはちょっとこだわりたいですよね!?

そんな方に驚くほど簡単に加工出来る方法を2回に渡ってお伝えします。

Part2はこちら。

尚、サンプルはPower Point 2013 for macを使用していますが、

Window版でも基本は変わりません。

加工の方法

まずはサンプル加工画像です。

加工後

加工後

加工前ドンペリ

こんな風にラベルだけ残すこともおちゃのこさいさい♪

では順を追って説明します。

Part1では基本編です。

まずはパワーポイントを立ち上げる。

パワポ

 

次に加工したい画像(JPEGやPNGなど)を真っ白なパワポに貼り付けます。

貼り付け実はコレで準備完了!

あとは好きな様にいぢるだけ♪

ここから先は機能の説明なので、順番通りにやる必要ありません。

好きな効果を試してください。

加工しよう

パワポに画像を貼り付けたら、その画像をダブルクリックしてください。

そうするとメニューバーに「図の書式設定」という項目が出てきます。

※Power Point 2013 for macの場合書式設定大枠
その下の「修正」「色の変更」「アート効果」「背景の削除」「トリミング」等を

使っていきます。

修正

シャープネス、明るさやコントラストが変更できます。

※言葉は覚える必要はないので、

「あ、こんな感じね♪」とだけ掴んで頂ければと思います。
明るさ

 

色の変更

この項目では文字通り色んな色に変更できます。


色

アート効果

これが一番面白いですね。

いろんな効果へ画像を変更できます。

アート

 

これまでの3つの機能をかけ合わせるとかなりいろんな加工ができます。

 

ラベルだけ残す少し上級テクと保存の方法はPart2へ。

http://posi-log.com/pptcreation2/

あ、今回の説明画像も、もちろん全てPowerPointで加工したものですよ。

 

 

 

 

 

 - Tech, 役立つスキル